うなぎにつき

ほぼ匿名日記

ライミング

私は、ひねくれ者である。

唐突に、ラップのリリックを見ると、ラッパー個人の考え方・価値観が反映されている。それをベースにしてスキルやトラックの力を借りてヒップホップを作り出していると私は思う。どの要素も、ご先祖様の探求に自分なりのエッセンスを加えて、工夫し続けて今の形があると考える。

 

例えば、日本語ラップライミングはあるアルバムからの力を引き継いでいる言われている。そのアルバムを参考にして、たくさんの人が同じルールでライミングをしてきた。しかし、現在でもそのルールを無視するひと、つまりあまり韻を踏まないひとがいる。無視すると書くと悪いことのように聞こえるが、最近その人達のラップを聞くと少し格好よく聞こえた(もちろん韻を踏み倒していても格好良い)。

 

右に倣えなどしないで、自分がいいと思ったことをすることはとても格好良い。

 

ひねくれ者の私が気づいたことはもう1つあって、ラッパーとブログ界隈のことは似ている。

このブログでは、誰かの真似事はしない。自分がいいと思ったことを集めていく。

 

広告を非表示にする